メンテナンスマニュアル│hdd認識しないトラブルを回避する方法

男の人

コストダウンが可能

オフィス

サーバ内で保管することが多かったデータは、今や専門会社が提供するデータセンター内に預ける方法が選ばれています。これは法人向けのサービスとして使い勝手が良くて何かと便利なサービスになっているからでしょう。特に自社でサーバレンタルや所有をして管理するよりも、はるかにコストダウンができることが魅力となっています。

法人で扱う膨大なデータを丸ごと保管することができるデータセンターは、自社で運営するよりも人件費を節約できます。これはサーバの運用をする上で保守点検が必要になるからであり、専門のSEを雇用しないと対処できません。さらに、サーバは24時間365日稼働しているので、それが正常に作動しているかどうか監視しないといけません。こうした手間暇がかかるところで人件費が膨らむ傾向にあるので、データセンターを活用した方がお得になります。

サーバレンタルや所有は、ランニングコストが大幅にかかります。というのも、本体そのものだけではなく、サーバ専用のスペースを設ける必要があって空調管理にも気を付けないといけないからです。このあたりは想定以上に設備投資をする必要が出てくるので、結果的に経費を大幅に使用している可能性があります。
一方、データセンターならすべてその設備を有していることを大前提でサービスを利用できます。ですから、一定の金額内で変動することなくデータの保管ができるからコストダウンが見込めるのです。