メンテナンスマニュアル│hdd認識しないトラブルを回避する方法

男の人

安全にデータ保管

IT

どんどん進化しているパソコンは、機能性と操作性が向上し日常に欠かせないものとなっています。そのため、ほとんどのものをデータ化して内部に保存しているので、急にパソコンが使用できない状態になるとデータ消失で何もできなくなる可能性があります。特に業務で扱っているデータは顧客とのやりとりや名簿など、機密性の高いものが多く消失や紛失のリスクは限りなくゼロにしておきたいところ。ですから、予備の対策としてバックアップをとっておくことが大切です。
最近は別途HDDを準備しなくてもクラウド上でバックアップすることができるようになっています。クラウドなら容量も比較的多いから使い勝手がいいですし、必要なタイミングでバックアップを取り出せるのでトラブル時に大きく役立ちます。

クラウドに保管するバックアップデータの保管は、セキュリティ上危険だと思われている人も多いです。それは、目に見えて存在するHDDに対して仮想空間に存在するクラウドの方が不確かに思えるからでしょう。法人が利用することを想定すると、リスクの高い要因は排除しておきたいですしバックアップを残す方法には適していないと判断したいところです。
しかし、実際は実在するHDDの方がハッキングなどの被害に遭遇する可能性が高く、自社のセキュリティ対策に問題があるケースがほとんど。ですから、専門会社が提供しているクラウド内でバックアップを取ることは、比較的安全に使いこなせるのです。